KAZU8ISM.COM

KAZU8ISM.COM

変ったお洒落野菜、お洒落スパイス、お洒落薬味(笑)は使わずにお家にあるものでお安く簡単に作れる「お洒落風」ご飯を中心に料理に関する豆知識や、ライフハック、など更新してます(´・ω・`)💓

スポンサーリンク

インテリアの大原則〜素敵なお部屋を作ろう〜

 

 

こんにちは(^o^)

 

突然ですが皆様、ご自宅のインテリアにこだわりはございますか?

家具屋さんを見に行ったり、

可愛い雑貨屋さんに立ち寄ったり、

インテリア選びってとっても楽しいですよね。

しかし、よく考えてから買わないと部屋にまとまりがなかったり、

部屋中がもので溢れかえってしまったりと

逆に住みにくいお部屋になってしまうことも...。

そこで今回は素敵なお部屋作りの大原則をご紹介致します。

 

部屋のテーマを決める

 

カントリーテイストなお部屋、

北米テイストのお部屋、

アジアンテイストなお部屋、

モダンなお部屋、

ナチュラルなお部屋。

皆様それぞれお好きなお部屋のイメージがあるかと思います。

まずはどんなお部屋にしたいのかをイメージしておきましょう。

 

 

生活スタイルを反映させる

 

たとえば玄関からソファ、ソファからダイニングテーブル、

と動く事が多いのであれば生活しやすい導線を

しっかりと確保しましょう。

また、スローライフを楽しみたいのであれば

床をベースにした低い目線の空間作りをしましょう。

 

 

部屋にあった家具を選ぶ

 

部屋のテーマが決まったら家具もそれに沿って

揃えていきましょう。

そのときに注意したいポイントは

気に入った物を衝動買いしてしまわない事。

自分の考える部屋のテーマにそぐわないような家具は

いくら気に入ったとはいえ

部屋全体をチグハグしてしまいますのでご注意を。

 

 

収納スペースはしっかり確保しましょう

 

生活しているとついつい増えてしまう「モノ」。

今すぐ使わないようなものや、

見えなくてよいものは、見えない場所に

しっかり収納出来るようにしておきましょう。

ベット下などのデッドスペースを上手く使うことで

収納スペースが少ないお家でも上手く

収納できるようになります。

 

 

モノをむやみに増やさない

 

 欲しいものを手に入れたいという気持ちは誰にでもあります。

しかし、それって本当に必要なものですか?

同じような物を持っていませんか?

そもそも置く場所はありますか?

よく考えてから購入するようにしましょう。想像してみてください。

モノが溢れかえっている部屋では

落ち着いていられませんよね。

 

 

整理整頓をこころがけよう

 

部屋が散らかる大きな原因の1つが

「後で片付ければいいや〜」という怠けた心です。

「後で片付ける」

その時は永遠に来ないと思って使ったら即、

もとの場所に必ず戻すという習慣を

身につけましょう。

 

 

配色のイロハを知りましょう

 

好き勝手に色を組み合わせたら

趣味の悪い部屋になりがちですが

かと言ってあまり色を使わなければ

メリハリに欠けるつまらない部屋になってしまいます。

配色の基礎を知り、効果的な色を使いましょう。

 

 

照明には手を抜かない

 

空間を立体的にする多灯使いや、

雰囲気を演出する間接照明は、

おしゃれなお部屋を作るのに重要ポイントです。

マンション備え付けの、味気のない照明器具は卒業して

おしゃれなものを選びましょう。

 

 

目を引くものでメリハリを作りましょう

 

 

部屋を片付けてスッキリさせるのはいいですが

ポイントが何もないと空間が平坦になってしまいます。

観葉植物や、アートなど、

視線を集めるアイテムを配置してメリハリをつけましょう。 

 

 

安らぎスペースを確保しましょう

 

部屋をおしゃれにかっこよくするのは大事ですが

気を張りすぎてもいけません。

たとえばカフェスペースや、

コレクションスペースなど、

自分がとことんくつろげるスペースも用意しましょう。

 

 

部屋づくりのためのチェックポイント

 

・広さ、間取り

自分の部屋は何平米か、出来れば正確な寸法まで分かっているとベストです。買った家具が大きすぎて置けなかったというトラブル防止に繋がります。

 

・収納力

もう収納出来ないからと収納家具を買ってしまうと、どんどんものが増えてしまいます。今ある収納力を把握し、それを超えてしまうなら買わないようにしましょう。

 

・壁、床、天井の色

特に大きな家具を買うときは色に悩むものです。部屋の大きな面積を占める天井、床、壁の色を基準にすればイメージしやすくなります。

 

・柱の位置

思わぬところに柱があって家具がうまく置けない。そんなトラブルを回避する為にも柱の位置や形状をしっかり把握しておきましょう。

 

・窓の大きさ

窓のサイズがんからないとカーテンを選ぶ時に困りますし、大きな窓があるなら大きな家具が邪魔してせっかくの自然光を遮らないようにもしたいですよね。そこで窓の大きさはしっかり把握しておくとよいでしょう。

 

・天井の高さ

モノが、多い人はなるべく高くまで収納に利用したいですよね。また、天井が低い部屋は多少なりとも圧迫感がを感じてしまうと思います。家具は出来るだけ低いものを選びましょう。

 

・コンセントや端子の位置

延長コードを使えばいいとはいえ、例えばテレビやPC、床ライトをコンセントから遠い所に置いてしまえば、コードがわづらかしくなってしまいます。

 

 

 

 

いかがでしたでしょうか?

皆様も素敵なお部屋作りに挑戦してみて下さいね(^o^)