KAZU8ISM.COM

MAMAISM.COM

明るく、楽しい、家庭づくりのために

スポンサーリンク

誰でも簡単に美文字が書けるようになるコツとポイント〜平仮名の書き方 ①〜

 

 

f:id:kazu8ism:20170927003334j:plain

 

皆様は字を書く際、何か気をつけていることはありますか?

 

特に綺麗でなくても、とりあえず読めればいいんじゃない?と思う方もいると思います。

 

確かに、読める程度の字であれば問題はありません。

 

しかし、「人よりも綺麗な字が書ける。」

 

たったこれだけで周囲の人から賢そうに見られたり、字が汚い人より綺麗な人の方が信用度も高まります。

 

例えば、就職活動中必須となってくる履歴書。

 

字が汚くて損をすることはあっても、綺麗な字を書いて損することは絶対にあり得ません。

 

そこで今回は字を綺麗に書くコツと、綺麗なひらがなの書き方をご紹介します。

 

   

 

point1 漢字は大きめに 平仮名、片仮名は小さめに

 

字を綺麗に書くコツとして非常に重要なポイントとなるのが大きさとバランス。

 

人の目は、画数の少ない文字を大きく感じてしまいます。

 

そこで、画数の少ない「平仮名」「片仮名」は少し小さく書くように意識してみましょう。

 

そうすることで文字のバランスが取れ、字が綺麗に見えます。

 

point2 文字列は真っ直ぐ揃えて書く

 

文字列が斜めに傾いていたり、バラバラだと汚く見えてしまします。

 

逆に言うと、文字列が真っ直ぐ揃ってかけていればそれなりに上手く見えます。

 

point3 文字は少し右上がりに書く

 

文字の横線を書く際、少し右上がりに書くようにしてみてください。

 

それだけで字が少し上手く見えます。

 

但し、角度のつけ過ぎにはご注意を。

 

point4 右下へのはらいは大きく

 

先ほど言いましたが、字は右上がりに書くとより綺麗に見えます。

 

そこで、右にあげた分、右下へのはらいを大きくしましょう。

 

字全体のバランスが良くなります。

 

point5 中心線は真っ直ぐに

 

文字の中心線がブレブレだと文字が汚く見えてしまいます。

 

point6 文字と文字の間は揃えて書く

 

文字と文字の間のバランスがバラバラだと例え文字自体が綺麗にかけていたとしても汚く見えてしまいます。

 

文字と文字の間を揃えて書くことで全体のバランスが良く見えます。

 

point7 正しい書き順で書く

 

書き順とはその文字を一番綺麗に見せるためのものです。

 

逆に、書き順を守らないで文字を書くと文字のバランスが悪くなってしまいます。

 

 

平仮名の書き方のコツ

 

f:id:kazu8ism:20170927001321j:plain

 

f:id:kazu8ism:20170927001352j:plain

 

f:id:kazu8ism:20170927001252j:plain

f:id:kazu8ism:20170927001320j:plain

 

 

 

「な〜ん」の書き方はこちらから。

 

 

www.kazu8ism.com