KAZU8ISM.COM

MAMAISM.COM

明るく、楽しい、家庭づくりのために

スポンサーリンク

気づかぬうちに「毒」食べていませんか??〜本当は怖い危険な食べ物〜

 

 

 

一人でいた頃は「食べ物の安全性」なんて全く気にしていませんでしたが、子供が生まれてからはやはりきになるようになりました。

 

自分は良くても、やはり子供にはなるべく安全で美味しいものを食べさせてあげたいですよね。

 

しかし今のご時世食品添加物を全く取らない!!というのは不可能に近いこと...。

 

そこで今回は我が家ではなるべく食べないようにしているもの、食べ方の工夫をご紹介していきます。

 

ハムやウィンナーなどの加工肉

 

ハムやウィンナーなど、子供は大好きな加工肉。

しかし、これらは発がん性物質が多く含まれているものが大多数。

例えば、見栄えを良くするための保存料(ソルビン酸kなど)

歯ざわりを良くするための結着増強剤(リン酸塩など)

見栄えを良くするための着色料(コチニール色素など)

(こちらは発がん性のみでなく、蕁麻疹を起こす可能性があります。)

加熱による褐色化を防ぐための発色剤(亜硝酸Naなど)。

このように、発がん性のある危険添加物が多く入っています。

 

そこで我が家で気をつけていることはまず、商品選び。

添加物の少ないものを選ぶようにしています。

 

そこでおすすめなのが「JAS特級」や「特定JAS」の製品です。

完全に食品添加物が入っていないというわけではありませんが、これらは日本農林規格に合格しているという点から最低限の食品添加物のみですみます。

 

  • JAS特級 原料肉が牛肉・豚肉のみで、結着剤が一切入っていない食品。
  • 特定JAS JAS特級に「特色のある製法」「無塩せき時間」という条件が追加されたグレードの高い食品。

 

比較的添加物の少ない「特定JAS」「JAS特級」おすすめの美味しいの商品

 

 

 商品選びのポイントは「JAS特級」や「特定JAS」であること。「無添加」、「無塩せき」であることです。

 

上記で紹介した食品以外にも「JAS特級」「特定JAS」「無添加」「無塩せき」で調べてみるとたくさん出てきますので是非お試しください。

 

次に気をつけるべきポイントは食べ方です。

 

これらの加工肉は湯通しすることで、添加物が溶け出し、危険度が軽減されます。

 

やり方

 

  • ウィンナー 切り目を数カ所入れ、軽く沸騰したお湯で1分程湯通しする。
  • ハム・ベーコン 軽く沸騰したお湯でふり洗いする。

 

 

 

トランス脂肪酸を多く含む食べ物

 

誰もが一度は聞いたことがあると思います。

これは血中の悪玉コレステロール(LDLコレステロール)を増やし、心臓病のリスクを高める働きをします。

その他にも、ガンや糖尿病、メタボリックシンドローム、不妊症、認知症、発達障害、うつ病など様々な病気の原因となるとされています。

 

我が家でなるべく食べないようにしているトランス脂肪酸を多く含む食品 
  • マーガリン
  • ショートニング
  • ピーナッツバター
  • カップ麺
  • 使い回しの油
  • 冷凍食品
  • 牛肉
  • 菓子パン、市販の食パン
  • スナック菓子

 

我が家では主に上記の食品はなるべく食べないようにしています。

他にもこんな食品にトランス脂肪酸は多く含まれているので、気になる方は参考にしてみて下さい。

 

  • マヨネーズ
  • ドレッシングなどのソース
  • コーヒークリーム
  • フライドポテト、チキンナゲット、フライドチキン などの揚げ物
  • 市販のカレールウ
  • 味付けポップコーン
  • アイスクリーム
  • シュークリーム
  • 乳製品  etc...

 

また、我が家ではなるべくトランス脂肪酸を含まない油を使うようにしています。

 

例えば、食パンにはマーガリンやバターではなく、オリーブオイルと塩をつけて食べるようにしています。

 

ここで注意したいのが、オリーブオイルにも良し悪しがあるということ。

 

「ピュアオリーブオイル」や「オリーブポマースオイル」には化学溶剤などが使用されているので、トランス脂肪酸などの危険な油が含まれている可能性があります。

 

オリーブオイルを使用するのであれば、「エクストラバージンオイル」を選ぶようにしましょう。

これには添加物や溶剤、トランス脂肪酸がほとんど含まれていません。

さらに、オリーブ本来が持つ栄養素が保たれたままの状態なので体にも良いと言えるでしょう。

 

しかし、この「エクストラバージンオイル」も、スーパなどに売っている安価なものは偽物である可能性大です。

 

なんと日本で売られている約80%のオリーブオイルが偽物だと言われています。

 

これではもう、何が本物でどれが偽物なのか私たち素人には全く見当もつきませんよね。

 

では、私たち消費者はどのようにして安全なオリーブオイルを見極めれば良いのでしょうか。

 

そこで私がオリーブオイル選びに参考にしているのが、オリーブオイルのコンテスト「OLIVE JAPAN」で賞をとっているオリーブオイル。

 

この賞はオリーブオイルソムリエの方たちが厳しい目で公平に審査しているものなので、そこで賞をとったオリーブオイルとなれば間違いなく本物のオリーブオイルと言えるでしょう。

 

素人目では偽物と本物見極めることはなかなか難しいので、こういった賞があるのは本当にありがたいことです。

 

「OLIVE JAPAN」で賞をとっているオリーブオイル

 

 

 以上です。

 

皆様も、お子様のため、ご自身のため、安全で美味しい食品選びを心がけてみてはいかがでしょうか。

 

やりすぎると食べれるものが本当に限られてしまうのでほどほどに...笑