KAZU8ISM.COM

MAMAISM.COM

明るく、楽しい、家庭づくりのために

スポンサーリンク

夢のマイホーム、賃貸と購入結局どっちがお得なの??

 

 

 

「マイホームを買いたい!!」そうはいっても買えば何千万〜何億はします。

確実に、人生最大の買い物といっていいでしょう。

 

実際のところ、マイホームを手にするためには、どれぐらいの資金が必要となってくるのでしょうか。

 

まず、マイホームを全額キャッシで買う人はそうそういません。

となると銀行などからお金を借りて買うことになりますよね。

所謂、住宅ローンです。

 

では、毎月同じお金を家賃として払うのか、住宅ローンとして払うのかとではどちらがお得なのでしょうか。

 

 

 

賃貸物件と住宅ローンを組んでの購入結局どちらが得なの?

 

f:id:kazu8ism:20171029013112j:plain

 

仮に、4000万円の分譲マンションを住宅ローンで購入したとします。

 

  • 借入金 4000万円
  • 35年返済
  • 金利 2,4%(35年固定)
  • ボーナス返済 なし
  • 毎月の返済金額 14万863円
  • 管理費 1万5000円
  • 修繕積立金 8000円

 

この場合、利息1916万円。

更に、ローンを組むための保証料や団体信用生命保険を支払わなければならないので、その金額が凡そ100万円。

それ以外にも、修繕積立費や固定資産税で凡そ600万。

つまり、4000万円の分譲マンションを35年ローンで買うために必要な資金合計は6620万円ということなります。

 

では、35年間賃貸住宅で生活した場合を計算するとどうでしょうか。

賃貸・公益費込みで14万円の物件であれば5880万円となります。

 もし、購入したマンションを35年後に770万円以上で売却することができれば、購入した方が賃貸よりもお得になります。

 

しかし、築35年のマンションが、770万円以上で売却できる可能性は、極めて低いのが現状。

マンションの場合、高額のローンを組んで買っても、売る時は老朽化が進み、半分以下の価格でしか売れなかったり、ローンを支払い終わったと思ったら、建物の耐用年数が残りわずかというケースも少なくありません。

 

このことから、「住宅の資産価値というのは非常に低い」ということが分かります。

 

もし「マイホームは資産になる」というように考えているのであれば、それは大きな間違いとなります。

 

では、多額のローンを組んでまで、マイホームを購入する意味はあるのでしょうか。

 

一つ言えることは、マイホーム購入により「なんの気兼ねもない自分の家がてに入る」とう、お金では解決できない「安心感と充実感」ではないでしょうか。

 

ここまで「ローンを組んで家を買うよりも、賃貸の方がお得」とお話しましたが、例外があります。

 

それは、ローン返済者が亡くなった場合です。

一般的に住宅ローンには、団体信用生命保険という保険がついています。

これは、住宅ローン返済中に返済者がなくなた場合、残りの返済金を保険会社が払ってくれるというものです。

つまり、もし住宅ローン返済中に返済者がなくなっても、残された家族に家が残るということです。

もしも賃貸の場合は、そのまま家賃を支払わなくてはなりません。

この点からいうと、賃貸契約よりもマイホーム購入の方が優れていると言えます。

 

更に、もう一つマイホーム購入の優れている点を挙げるのであれば、家族の人数が増えれた時です。

家族が増えれば、それなりの広い家に住みたいと思うのが普通かと思います。

しかし、築年数が新しく、部屋数も多いというような、お手頃物件は数少ないというのが現状です。

そのため、結果として住宅購入に踏み切るというパターンが多くなります。

 

以上が賃貸物件とマイホーム購入についてになります。

 

皆様は賃貸と購入どちらがいいと思いますか??

 

人それぞれだと思いますが、購入となれば人生最大の買い物です。

また、ローンを組むということは、借金を背負うというのと同じこと。

慎重に、よく考えてから購入することをお勧めします。

 

次回は住宅ローンの仕組みについてお話ししていきます。