KAZU8ISM.COM

KAZU8ISM.COM

変ったお洒落野菜、お洒落スパイス、お洒落薬味(笑)は使わずにお家にあるものでお安く簡単に作れる「お洒落風」ご飯を中心に料理に関する豆知識や、ライフハック、など更新してます(´・ω・`)💓

スポンサーリンク

カメラ初心者から一歩進歩したいあなたにおすすめする絞り優先(A/Av)モード

 

f:id:kazu8ism:20170410230420j:plain

     

絞り優先(A/Av)モードとはF値を任意に設定できる撮影モードのことです。あとはカメラが自動で適正な明るさになるように、シャッター速度とISO感度を決めてくれます。(補足 : Canonのカメラの場合は「Av」表記、他のカメラでは「A」表記になっています。)

 

「A/Av」(絞り優先モード)で撮影する時は、背景をどうボカすかボカさないかを考えてから設定するようにしましょう。

 

一眼レフやミラーレス一眼等で撮影された写真を見ると背景がボケている写真が多いですよね。

 

それらのようなボケた写真を撮るにはF値を設定する事で簡単に撮る事が出来ます。

 

F値とは?

 

F値とは、レンズ内にある絞りをどのぐらい開いたり絞ったりするかを数値化したもの。

 

写真の撮影データなどをみると、F2、F2.8、F4、F5.6、F8…のように基準となる値が決まっています。これがF値です。

 

F値は数値が小さい方が絞りを開いた状態で、数値が大きくなるほど絞りが絞られた状態になります。

 

また、F値の数字が小さいと、光を取り込める量が増えます。そして数値が小さいほどピントが合う部分が少なくなり、よくボケます。

 

逆にF値の数値が大きくなると、取り込める光の量は減り、ピントが合う部分が多くなりボケも少なくなってきます

 

また、一般的にF値が小さいレンズほど光を取込みやすい明るいレンズといわれており、速いシャッター速度で写真を撮ることができます。

 

F値が大きい場合はその逆で、絞られるほど暗くなりシャッター速度が遅くなります。

 

つまり、F値とシャッタースピードは相互依存の関係にあり、どちらかを優先することで被写体の状況に応じながら意図した露出で描写できるようになります。

 

ここまで説明してきましたが文章だけではいまいちピンとこないですよね。取り敢えずF値を覚えるには直接カメラに触れて実践していくことをお勧めします!

 

最初のうちは難しい事を無理して覚えなくても、ボカしたければF値を低く全体的にピントを合わせたければF値を大きくすると言う事だけでも覚えておけばご自身の撮れる写真の幅が広がっていくと思います。

 

F値によるボケの違い

 

F値を解放側にするとよりボケて、絞っていくとボケかたも弱まりピントのあう部分が大きくなります。

 

被写体の位置によるボケの違い

 

f:id:kazu8ism:20170410230630j:plain

f:id:kazu8ism:20170410230804j:plain

 

ボケはF値でも変わりますが、被写体と背景の位置でも大きく変わってきます。

背景が被写体から離れるほど、ぼけは大きくなります。

テーブルでの小物撮影など、背景の物を動かせるシーンでは、被写体や背景の位置を動かして、ぼけを好みの大きさに調整しましょう。

 

A/Avモードで写真の明るさを調節するには

 

絞り優先モードで写真を明るくしたい場合は「ISO感度」で調節する方法をおすすめします。

 

日中の屋外など、明るい環境であればそこまで気にする事はありませんが、少し暗めの環境ではISO感度で調節します。

 

調節すると行っても初めのうちはAUTOで問題ないと思います。AUTOであればカメラが自動的に設定してくれます。

 

ISO感度を上げすぎるとノイズが出てしまいますが、ほとんどのカメラではAUTO時のISO感度の上限を設定出来るようになっていますので、お好みの数値を設定し調節してください。

 

ISO感度はシャッタースピードを上げてくれる

 

(補足:シャッター速度とは、光をイメージセンサーに当てる時間のことです。写真は絞りとシャッター速度の組み合わせで出来上がります。)

 

写真の明るさを調節する場合、露出補正ダイヤルを+にして写真を明るくしていくという方法がありますが、この方法だとシャッタースピードが遅くなるため、手ブレや、被写体ブレが生じやすくなってしまいます。

 

そこでISO感度をあげてみましょう。

 

ISO感度をあげて撮影を行うと、シャッタースピードが早くなる為、暗い場所でも明るく、また手ブレや被写体ブレを防ぐ事ができます。

 

簡単に言うと、ISO感度はセンサーに当たる光をデジタルの力で増幅してくれるので、光の少ない環境でも明るい写真をとることが出来るというわけです。

 

しかし、ISOを高く設定した場合(高感度)、写真に高感度特有のノイズが現れてしまいます。

 

カメラによってノイズの出方は違いますが、初心者向けの一眼レフカメラですと3200まで上げれば見えてきてしまいます。


日中は200~400程度の感度で十分。下手にあげてしまうとノイズや白とびの原因にもなりかねないので要注意。

 

    

 

カメラに関する過去記事はこちらから

www.kazu8ism.com

www.kazu8ism.com

www.kazu8ism.com

www.kazu8ism.com

www.kazu8ism.com