KAZU8ISM.COM

KAZU8ISM.COM

変ったお洒落野菜、お洒落スパイス、お洒落薬味(笑)は使わずにお家にあるものでお安く簡単に作れる「お洒落風」ご飯を中心に料理に関する豆知識や、ライフハック、など更新してます(´・ω・`)💓

スポンサーリンク

カメラ女子必見!!富士フイルム instax SQUARE SQ 10(インタックススクエア)の機能紹介〜多彩な画像編集・加工機能を搭載した次世代のハイブリッドインスタントカメラ〜

 

 

 

富士フイルムが発売しているインスタントカメラ「チェキ」。

最近では、子供向けから大人向けまで、様々な種類のチェキが販売されています。

 

インスタントカメラ「チェキ」は撮った写真がその場ですぐに現像されることが最大の特徴であり人気の理由の一つでしょう。

またそのフィルムの質感も、衰えぬ人気のひとつ。

複製などはいっさい出来ないものにもなりますが、撮った写真一枚一枚に”この世でたった1枚しか存在しない”という価値がついてきます。

 

そんな中、先日富士フィルムから発売された「チェキ」の新製品「instax SQUARE SQ 10」。

 

チェキで初めてデジタル技術を採用し、使い勝手が向上したほか、明るさや色合いを調整する機能が備えられました。

 

今回はそんな新世代のチェキとも言えるハイブリッドインスタントカメラ「instax SQUARE SQ 10」についてご紹介します。

 


instax SQUARE SQ10 特長紹介MOVIE「HANDS」/富士フイルム

 


水原希子の妹・佑果、新型「チェキ」に驚き オススメ撮影法も明かす 「instax SQUARE SQ10」発表会1

 

 

  

1対1のアスペクト比

 

 

f:id:kazu8ism:20170423003458j:plain

 


正方形のフォーマットは、近年になって流行ったようなイメージがあるが、約90年前から多くの写真愛好家の間で支持されてきたフォーマット。
instax SQUAREの画面サイズは 62mm×62mmと、まさに「1対1」の画角であり、人物、風景など被写体を問わずあらゆるシーンを、芸術的に、且つドラマチックに切り取る事が出来る。

更に、正方形型のフィルムが採用されている事でInstagramにも投稿しやすいフォーマットとなっている。

 

 

「作品」としての品質向上

 


instaxフイルムは優れた色再現性や安定性はもとより、経年劣化への耐性も強く、美しい色味をそのまま維持することが出来る。
瞬間を楽しむだけでなく、「作品」として残すことに適したメディアとなっている。

 

 

多彩な画像編集・加工機能を搭載

 

 

f:id:kazu8ism:20170423004511j:plain

 


3つのボタンとダイアル操作の簡単な組み合わせで自由自在な表現が可能に。

 

■ FILTER:彩度や色味の異なる10種類のフィルターを搭載。

     彩度を上げて全体の色味を強調したり、彩度を落として黄色みを強調し

     レトロな写真の雰囲気を演出することが出来る。

 

■ VIGNETTE:周辺光量が19段階で調節可能。

        周辺光量を調節する事により視線を写真の中心に集中させる事が

        出来る為、ポートレートや静止物の撮影など中央の被写体を

        強調したいときに適している。

 

■ BRIGHTNESS:明るさを19段階で調節。

 

*二重露光、夜景や光跡を撮影できるバルブ撮影といった、特殊な撮影モードも搭載

 

 

写真画質の向上によりあらゆるシーンでの撮影・プリントが可能に

 

 

instaxシリーズでは初めてデジタルイメージセンサーとデジタル画像処理技術を搭載。

写真画質の大幅な向上により、シーンを選ばず日常的に使う事が可能。

自動露出調整、人物検出、オートフォーカスといった新機能を備え、室内などの暗い場所や逆光下、10cmまでの近距離撮影でも簡単にイメージ通りの写真を撮影する事が出来る。

 

 

使いやすさを徹底的に追求したデザイン

 

 

f:id:kazu8ism:20170423003150j:plain

 

 

・高品位な質感とアイコン性を兼ね備えたボディ

 

アイコニックなデザイン&ホールド性に優れるシンメトリーな薄型ラウンドフォルムを採用。

レンズリングには削り出しメタルを使用し、同じブラックでも部位によって樹脂パーツの質感を変えることで、奥深さと品位を感じさせるプロダクトに仕上げられている。

 

・新設計のユーザーインターフェース

 
背面には撮影した画像が表示されるLCDモニターが搭載され、撮影の構図を決めるときから、写真画像の編集・加工、プリントまで全ての操作結果をこのモニターで確認する事が出来る。

更に、ボタン・ダイアル類は中央下部にまとめられ右手、左手のどちらでも操作しやすいよう配慮されている。

また、これまでと同様シャッターを押すとプリントされる仕組みに加え、気に入った画像だけを選択してプリントすることや、トリミングしてプリントすることが可能に。

 

左右にシャッターボタンを搭載した、左右対称のデザイン

 

instaxシリーズのデザインの象徴である中央のレンズリング(電源スイッチ)を継承しつつ、シャッターボタンを左右2か所に配置した左右対称のデザイン。

これにより、右利きでも左利きでも撮りやすく、また簡単に自撮りする事が出来る。

 

 

 

   

  

   

【カメラ機能】

 


●撮像素子:1/4型CMOS 原色フィルター採用
●記録画素数(ピクセル):1920×1920
●記録メディア:内蔵メモリー、microSD/microSDHCメモリーカード
●記録枚数
・内蔵メモリー:約50枚
・microSD/microSDHCメモリーカード:1GBあたり約1000枚
●記録方式:DCF準拠 Exif Ver.2.3 JPEG準拠、PIM対応
●焦点距離:28.5mm固定(35mmフイルム換算)
●絞り:F2.4
●オートフォーカス:シングルAF(TTLコントラストAF、AF補助光付)
●撮影可能距離: 10cm~∞
●シャッタースピード:1/29500秒~1/2秒(自動切換)、バルブモード最大10秒
●撮影感度:ISO 100~1600(自動切換)
●露出制御:プログラムAE
●測光方式:TTL256分割測光、マルチ測光
●ホワイトバランス:オート
●フラッシュ:オート/強制発光/発光禁止/スローシンクロ/赤目補正
・撮影可能範囲:約50cm~8m
●撮影モード:通常、二重露光、バルブモード
●セルフタイマー:約10秒/約2秒
●画像エフェクト:フィルター(10種)、明るさ調整、ビネット
●再生時機能:トリミング、マルチ再生

 

 

【プリント機能】

 


●使用フイルム:富士フイルム インスタントフイルム instax SQUARE (別売)
●フイルムサイズ:86mm×72mm
●画面サイズ:62mm×62mm
●プリント画素数:800×800ドット
●プリント解像度:12.5ドット/mm(318dpi、80μmドットピッチ)
●プリント階調:RGB各色256階調
●プリント可能画像フォーマット:JPEG(画像編集・加工ソフトで保存したJPEGファイルの一部は、表示・プリントできない場合があります。)
●プリント出力時間:約12秒
●プリントタイミング:撮影直後プリント/選択後プリント
●プリント機能:本体内メモリー画像+micro SDカード内画像
●リプリント:50枚前の出力まで。プリント履歴に保存されている画像(50枚まで)について再プリント可能。
●デジタルズーム:プリント時2.4倍(出力画素数800×800)までズーム可
●フイルム検出機能:あり(装着時自動排出)

 

 

《 カメラについての過去記事はこちら》

www.kazu8ism.com

www.kazu8ism.com

www.kazu8ism.com

www.kazu8ism.com